ブログトップ
昨日から急に空気がゆるんだ。明らかに季節が変わったのがわかる。
まったりと薄いベールが一枚肌に纏い付く感じ。
空の色も少しずつ変化してきているけれど、まだ重くて紅みとグレイが残ってる。
a0111125_20544233.jpg


「木の芽立ち」↓正式名称は夏椿(通称 沙羅双樹)
a0111125_2125294.jpg

春になると、時間が解凍したかのように一斉に動き出して、植物は芽吹きます。
生まれ変わる季節と言っていいのかもしれません。
人の心も、ざわつき、ため込んでいた物が堰をきるように、
溢れ出してくるような気がします。
「いい季節だね」と言われるけれど、
パステルのようにうららかな優しい顔と共に
思い土をはねのけ、堅い樹皮を突き破り芽吹く、
凄まじいまでの生命力を感じずにはいられません。

漢方などでも解毒(デトックス)の時期と言います。
体にも四季があり、巡っています。
この時期はため込んでいた不要な物を出し、洗い流し、
新しい一歩を踏み出す時なのかもしれません。
[PR]
# by codomo_bunka | 2015-03-17 21:27 | ひとりごと
おひな様
a0111125_175851100.jpg

宇治の保育所さんにお伺いしたら、いろいろな地方のおひな様が飾ってありました。
旧暦で飾っているんですね、実家もそうでした。
その中に「御殿飾り」と書かれたものがあり、
おひな様にそういった呼び名があることを初めて知りました。
紫宸殿に左近の桜、右近の橘、三人官女、隋臣(右大臣、左大臣)、仕丁、五人囃子・・・
一つひとつ、祖父母が丁寧に教えてくれました。
御殿を組み立てて、お人形に巻かれた薄紙をそっと外して並べて、お道具をもたせて・・・と、
飾り付けにとても時間がかかっていました。
その長い時間の中で、いわれを教えて貰ったり、お歌を歌ったり、
たくさん会話ができたことも幸せな思い出です(^-^)

京都では昔ながらの陰陽に応じた伝統的な
向かって左・女びな、右・男びなが多いようですが、
実家では大正天皇の即位以降の並びになっていて、
向かって右・女びな、左・男びなでした。
[PR]
# by codomo_bunka | 2015-03-13 18:05 | ひとりごと
美奈ちゃん8歳
a0111125_21152767.jpg

↑ちょっとぶりの美奈ちゃん&いろはちゃん
a0111125_21154997.jpg

↑7月3日、8歳になった美奈ちゃん、「お誕生日おめでとう!」
 体調がいいと、お顔もはっきりしています。元気そうです ^^
a0111125_21164143.jpg

↑こちらは手術後、食べたい気持ちに歯止めがきかなくなってしまった琴・・・
 何も持っていない手を差し出しただけでも・・・
 koto「いただきまちゅ!」
a0111125_2117272.jpg

↑こちらもエンドレス・・・
 koto「もっともっとマッサージちて!」
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-07-05 21:29 | ひとりごと
お囃子の練習 2
各鉾町で囃子方によるコンチキチンのお囃子の練習が始まっています。
楽器は、太鼓・鉦・笛の3種を使います。
コンチキチンは鉦の音色を表す擬音で、鉦の中央を打つ音が「コン」、
鉦の内側を下上下と摺って出す音が「チキチン(下側がチ、上側がキ)です。

各鉾、曳き山でそれぞれ三十数曲あり、一部共通の曲もあるそうですが、
多くは独自の曲を有しているそうです。
耳の肥えた方は、聞き分けでも楽しめますね ^^。

a0111125_21452668.jpg

↑お向かいの放下鉾さんの練習
a0111125_2146179.jpg

↑四条通り南側の月鉾さんの練習
a0111125_2146478.jpg

↑四条通り北側の函谷鉾さんの練習
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-07-04 21:56 | ひとりごと
水無月
a0111125_17345036.jpg

若菜屋さんの刻み栗の水無月
a0111125_17355021.jpg

↑切り分けた琴用の水無月と抹茶の水無月
 つい先だって、大きな手術を乗りきった琴。
 後半も、元気でがんばろうね!
 koto「それにしては、あたちのちっちゃすぎないでちゅか?」

六月三十日は、上半期最後の日、夏越の祓(なごしのはらえ)ですね。
夏越の祓=水無月の祓(みなづきのはらえ)とも言われています。
一年の前半の穢れを祓い、清めた身で晴れの行事「盆」を執り行います。

幼い頃に近所の神社で「茅の輪くぐり」がありました。
茅(ちがや)で作られた大きな輪を左足から入り、
8の字を描くように 3度くぐります。
病気や禍を免れるという神事です。
いつもと違う雰囲気の神社の境内に足を踏み入れ、
畏れと哀愁の入り交じったような感情を抱きながらくぐったものでした。
こうした郷愁を呼び起こす昔ながらの行事が少なくなってきていることは、
子どもの心に大切な感情を伝える術をまた一つ失っていくようで淋しいです。
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-06-29 18:00 | ひとりごと
浴衣の着付け
a0111125_1723335.jpg

↑浴衣の着付けを始めて、今年で何年目になるでしょうか?
 個人的に習いに行く方も何人もいらっしゃるようになり、嬉しい限りです ^^。
a0111125_17272018.jpg

a0111125_17252693.jpg

↑帯の結び方もいろいろなバリエーションで楽しみます。
a0111125_17235466.jpg

↑最後まできちんと。
 着て帰られる方以外は、正式なたたたみ方でしまいます。

京都は、着物や浴衣を着る機会が他の地域に比べて多いと思います。
自分で着られるようになるといいですね。
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-06-29 17:32 | イベント報告
さくらんぼ だいすき!
a0111125_17485777.jpg

↑昨日、おいしいおいしい佐藤錦をいただきました。
 さくらんぼ=佐藤錦が大好きなんです^^。
 琴も?
a0111125_17491242.jpg

↑元気になって、ますます食欲が増した琴ちんにもおすそわけ。
 「いる?」
a0111125_17492693.jpg

↑いらないわけがなく…ぱくり!
 koto「こんなんじゃたちまちぇん!」
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-06-26 17:55 | ひとりごと
へちゃ〜
a0111125_20354248.jpg

首回りのエリザベスカラーがなくなって、
身体の柔らかい琴は、以前のようにへちゃ〜とねんねできるようになりました。
今は、年2回の換毛期、抜け毛と格闘中です。
koto「後ろ姿はとっちゃだめでしゅ!!」
・・・スケスケなんだよね。
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-06-25 20:41 | ひとりごと
のびのび
a0111125_1835340.jpg

a0111125_18345441.jpg

↑こんなにエリザベスカラーが似合う子がいるなんて…と思うほど
 愛らしい姿だった琴(ずいぶん、ヨレヨレになりましたが)。
a0111125_18351246.jpg

↑抜糸をしてもらい、おなかの傷もすっかり癒えて
 後は、かさぶたがはがれるのを待つのみです。
 もう傷跡さえわかりません。
 よく食べて身体が丸くなって、体重も増えた気がしていたのですが、
 1.6キロでした。…あれ、0.1キロしか増えてない?
 Dr.曰く「子宮に水がたくさん溜まっていたし、卵巣も一緒にとったから、
 その分軽くなってたから、順調ですよ」
 そう言われれば、何百グラムかとったんですものね、納得です。
 Dr.「2.3キロくらいまで、ぽっちゃりしてもいいですよ」
 ぽっちゃり琴もかわいいかも ^^?
a0111125_18352045.jpg

a0111125_18353141.jpg

↑koto「じゃまっけなのがとれて、のびのび〜」
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-06-22 18:44 | ひとりごと
嘘と意志薄弱
a0111125_1738542.jpg

ある作家の方が「嘘」について、わかりやすい文章で書かれていました。
嘘をついていると、自分の本当の姿がわからなっていく…ということは、
誰もが知っていることだと思います。
けれど、それを更に深く述べられていて、ああなるほど…と、
とても腑に落ちたので、抜粋しました。

・・・・・
意志薄弱、意志が弱いために、何をやっても中途半端になる。
ところが、意志は弱いくせに、強情なんです。
いや、意志が弱いから強情になっている、といったほうがいいのかな。
自分の「意志薄弱」を押し隠すために、自分自身を正当化しようとする。
そのためには嘘を平気でつく。すぐにばれる嘘であろうと、
他人が迷惑する嘘であろうと、次から次へとついてゆく。
ひとつの嘘を糊塗するために次の嘘をつく。その嘘がばれそうになると、
これを糊塗するために別の嘘を吐く。こういうのを「嘘の再生産」というのです。
こうなると、男も女もあわれですね。
しまいには、自分のついた嘘が虚言なのか真実なのか、わからなくなってくる。
自分自身で大混乱している。こういう人間に限って、他人から嘘をつかれると、
ものすごい剣幕でひらき直る。怒髪天をつく、といった表情です。
顔面蒼白、眼がフクロウのように丸くなる。
「あら、あたしが、いつ、そんなことをいいましたか?」
見るからに卑しい顔になる。毛穴が開いて、どす黒くなるせいでしょうか。
誰だって、そんな卑しい顔を見たくない。
見たくないから、相手の嘘がよんどこちらの被害にならない限り黙っている。
いや、そのうち、相手が嘘を積み重ねて、自分自身の嘘の重さで理性の足をとられ、
どてんと無様にひっくりかえるのを知っている。だから黙っている。
ひっくり返る前に手を出して、何とか助けてあげようとすると、
嘘をつく男や女は、その救いの手があたかも当然であるかのような顔をしやすい。
まず、そういう気持ちに自分自身をしています。自分までだましているのですね。
だから、救いの手を伸ばせば伸ばすほど、相手の虚言癖を増長させることになり、
かえって、罪作りになるのです。
それでね、黙って、相手が彼自身の嘘で破滅するのを待つのみなのです。
それがいちばん友情のある方法なんです。
絶対に途中で救いの手を出してはいけません。
相手は「決して感謝せず」、それを「当然の事」として受け取り、
自分自身を正当化してゆく。
いるんだよな、そういう人間が。
妻子のある四十男にもいるし、年端もゆかぬローティーンにもいる。
病気、というより他にないね。
若い女性の場合、その病人が外国生活を送ることが多いんだね。

…なるほどと思いませんか?この後も、

集中力がないものだから価値のある対象にめぐりあうことができない。
イライラし胃腸の調子が悪くなり、酒におぼれ、
人生に価値あるものを見いだせないものだから、
その空隙を何かの形で埋めようとするのだね。
恋愛。外国生活。大人の口まね…

と続いていきます。
感謝、思いやりがわからない=淋しい人生です。
目の前に差し出された手は、当然ではありません。
目の前にある温もりに気づけなければ、
どこにも見いだすことはできません。
幼い頃に読んだチルチルミチル…「青い鳥」。
子ども心に「自分を幸せに出来るのは、自分の心なんだ」と思ったものです。
現実をどう捕らえるかで、人生の見え方は変わってきます。
お子さんに「嘘をついてはいけません」と教えると思いますが、
嘘の持つ怖さ、人生を虚構のものにしてしまわないように、
大切なことは丁寧に伝え、私たち自身も気をつけていきたいものですね。
[PR]
# by codomo_bunka | 2012-06-21 17:44 | ひとりごと