ブログトップ
冬の風景
このところ毎日寒さが更新していますね。
寒くて身が縮こまってしまいますが、
凛とした空気感と景色が澄んで見えるのは好きです。
a0111125_20231721.jpg

↑鮮やかな黄色がたわわに実って、見ているだけで元気がでてきます
a0111125_20235433.jpg

↑山茶花も見事です。我も我も、と咲き競っているようです
a0111125_20233748.jpg

↑後ろのクローバーと同じくらいのミニミニ秋桜。
力強い花も、季節はずれの頼りなげな花もそれぞれにかわいい ^^。
a0111125_20241891.jpg

↑なんだか田舎に戻ってきたみたいな懐かしい風景。
幼い頃、山茶花や椿の咲くお庭で、
よく、焚き火でお芋を焼いたのを思い出しました。
私「もう、お芋できた?」
祖父「ちょっと箸を刺してみ」
私「まだ、固い…?」
祖父「ほんなら、できるまでお手てを(焚き火で)温めとき」
風で方向の変わる煙を除けながら、今思えば、焼けるまで
脈絡なく思いつくままに言葉を出していた私に、
頷きながら、延々と応えてくれていました。
ふだん忘れているようなことも、ふとした拍子に蘇ってきて、
心がふんわりします。
幼い頃受けた優しい眼差しと思い出は、その時だけに留まらず、
大人になった今も私を支え続けてくれているのだと思いました。
心は永遠ですね。
今の子ども達にも、幸せな思い出の引き出しがたくさんありますように。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-12-15 21:12 | ひとりごと