ブログトップ
カテゴリ:冊子( 3 )
保育園児のためのインフルエンザ予防冊子
a0111125_19364231.jpg

京都市児童館学童連盟さん発行の、学童が自分自身で取り組める
STOPインフルエンザが大変好評でしたので
京都市日本保育協会さんの依頼で、
京都市の保育課さんの監修をいただいて、
保育園児のためのインフルエンザ予防冊子を作りました。
まだ幼いので、保護者の方、保育士さんなどの注意点も盛り込んでいます。
今回もきっと分かりやすく、使いやすいと思います ^^。
寒さはまだこれからが本番。
新型も通常のインフルエンザも風邪も、基本は同じです。
毎日の習慣づけで、元気に過ごしましょう。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-25 15:39 | 冊子
京都新聞・インフル冊子
a0111125_1739846.jpg

↑10月22日の京都新聞に掲載されたパンフレット
 急速に蔓延しはじめた新型インフルエンザ。
 季節型インフルと症状的に違いはないのですが、これまでに免疫がないので
 罹患してしまいます。
 2〜3年経てば、○○型(香港型など)と言う名前がついて季節型になるのですが。
 かかった場合に備えて、普段から疲れをためず、
 ウイルスを速やかに体外に排出できるよう胃腸を健やかに保ちましょう。
 また、この時期は季節の変わり目でもあり、おたふく風邪や他の病気もいろいろ
 でてきやすいものです。お子さんの症状をよく見て判断することが大切です。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-10-22 17:55 | 冊子
新型インフルエンザのパンフレット
a0111125_16345786.jpg

児童館に来館する子ども達に自主的にインフルエンザ対策に取り組んでもらう為の
パンフレットを作りました。(Rのイラスト技術も随分向上 ^^)↑
幼いお子さんは、自分で上手に手洗い、うがいなどができません。
お子さんに任せっきりにするのではなく、まず大人が見本を見せ、
一緒に手を取りながら、教えてあげてください。
また、体調が悪くてもうまく言葉で表現できないこともありますので、
いつも以上に子どもに目をかけてあげるようにしましょう。

細かいことまで書きれませんでしたが、その他にも
●除菌効果のあるアロマオイルを含ませて拭いたり、香らせたり、スプレーする
●石けんを乾かす(水がたまった底面に菌が繁殖します)
●詰め替えのリキッドソープボトルは2回使ったら、
 ねじまではずし、よく洗い天日干しする
●背の低いお子さんは、頭の上から大人達の息などに混じり、
 ウイルスが降りかかりますので、つばの広い帽子を着用する
●ベビーカーのフードをしめる
●上着・帽子は玄関にかける
●マスクは玄関ではずし、ビニール袋に入れて捨てる
●家族でもタオルなどは使い分ける
●お風呂につかり、温かいうちにお布団に入って寝る
●身体を温める食事を摂る(冬野菜やショウガなど)
●腸内環境を整える食事を摂る(ヨーグルトなど善玉菌の喜ぶものや食物繊維)
●感染が蔓延した場合、外出を控えられるよう数日〜1週間分の備蓄をしておく
 レトルトなどがあると、お母さんが倒れた場合にも使えます

…などがあります。
そして、お子さんもですが、家族のお世話をするお母さんが感染すると
家の中が回らなくなってしまいますので、気をつけてくださいね ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-10-20 17:03 | 冊子