ブログトップ
<   2009年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧
性格
「人前でドキドキせずに話せるといいですね」と言うと、
知り合いのお医者さんは「年をとったら、恥ずかしいとか思わずに
何でも話すようになるよ。特に女の人。…まだ話せないの?」と
不思議そうに聞き返してきました。

そのことを同級生の女友達に話すと
「そうそう、年をとると、何でも言うようになるよ〜、女の人。
言うたらダメなことまで言ってまうねんこれが」とお医者さんと同等の応え。
他の子達もうんうんと頷いています。
えっ、みんなそうなっちゃうの?

顔も体型も内面も若い頃はみんな個性があって様々だと思っていたのに、
年をとるとみんな似てくるってこと?

いろんな経験を積んだ分だけオリジナリティが深くなって、
個性が出てきて、知識が増えて、無知を知り、恥じらいが増すと思ってました。

いつか、私もそうなるのかな?

…ということで、性格判断。
世界一有名な精神分析家ユングのお弟子さんがつくったらしい
タイプ別性格判断というものがあります。
ちょっと質問項目が多いけれど、おもしろいですよ。
アメリカではほとんどの人が一度はしてみたとか…。

ちなみに私の INFPタイプ「社会のためになることをする」には
以下のようなことが書いてあります。

一言で言えば「理想主義」である。
IF型なので、この世を主観的に解釈して思想を見つけ、その理想をさまざまな形でほかの人の手助けに使う。「ジャンヌダルク」のように、社会に役立つ崇高な奉仕をすることで達成感を求めることが多い。INFP型には自ら課した生活「規則」があり、人に押し付けたりはしないが、自分は厳格に守る。しかし、対人関係では、INFP型はのんきで人に合わせるタイプだ。波風を起こすよりも和を大事にして、自分の理想を曲げずにすむ限り、「人に合わせる」ほうである。だが、その「規則」を踏みにじられると、非常に居丈高になり、人をびっくりさせるだけではなく、自分でも驚く。その例として、母親が学校にわが子を不当に扱われたと感じた場合がある。普段はおとなしいINFP型の母親が、あらゆる手段を尽くして、その不当を正して、より良い環境をつくるよう全力で追求するー学校がよくなれば、わが子だけではなく、他の生徒達のためにもなると思うからだ。INFP型の女性は、社会生活でその性格が好ましいと見られ、感心されることもある。おとなしいが頑固なところは、男性の場合は押し付けがましくないけれども融通が利かないと受け取られがちだが、女性の場合は芯が強いとほめられる。INFP型はレッテルをはらたがらず、こんな人ではないのにと思われるようなことをしたくなる。それが時折予測もつかない、とっぴな行動となって表れる…。

Rは INTJタイプ「どんなことにも改善の余地がある」

あれこれと際限なく可能性を思いつき、それがTJ型の面と結びつくと、しょっちゅう何でも改善したくなる。すぐに「もっといい考えがある」と思いつき、言葉、計画、構想、着想、そして人まで、なんでも改善の余地があると思う。INTJ型の目には、最善のものでもまだまだ改善できると映る。元来、組織に向いているので、気がついたらその組織のトップになっていることも多い。
全体を見通せるだけでなく、複雑に入り組んだ部分も見える(N型)、何事もとことんやるタイプ(J型)なので、達成率が高い。人からは仕事が出来る、適切なことを言う、機会を逃さないと見られる。十六のタイプのうちでINTJ型がひと際独立独行型で、「マイ・ウェイ」がテーマソングといっていいほどだ。NT型の入っているほかのタイプと同じで、この独立独行のところが、人からはしばしば傲慢な感じに見られて、なかなか深い付き合いにまで発展しない。仕事でも遊びでも、よくお高くとまっていると見られ、理屈っぽいと思われることもある。INTJ型にしてみれば、他意はないので、よそよそしいとか気配りにかけるようだと非難されると、びっくりする。議論することで理解を深めるNT型だが、本人は「友好的な話し合い」と思っているのに、ほかの人からは敵愾心を剥き出しにした嫌な奴と見られがちだ。INTJ型は女性よりも男性のほうが多い。だから、独立心が強く理屈っぽいINTJ型の女性は、従来のいわゆる女らしさに欠けるのではないかと感じてしまいがちだ…。


…とてもよく当たると言われているそうです。みなさん当たってましたか?
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-30 20:59 | ひとりごと
ホヤ 開花
雨にも負けず、待ちこがれていたホヤ(サクララン)に花が咲きました^^。
a0111125_20501415.jpg

↑下向きに咲きました。


a0111125_20495667.jpg

a0111125_20503461.jpg

↑淡いピンク色をした、桜に似た愛らしい花です。


a0111125_20505131.jpg

↑花びらにはフワフワのビロードのような柔らかい毛が密集、
 中にはツヤツヤしたお米のような不思議な質感のスターが
 浮き立つように輝いています。

とても変わった、初めて見るタイプの花です。
香りはほんのり、あるかないかくらい。
一斉に咲きました。
観葉植物の花って、本当に素敵。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-27 21:04 | ひとりごと
還幸祭/祇園祭
a0111125_21441842.jpg

↑中御座(六角形/スサノオノミコトの御霊が乗っています)


a0111125_2146488.jpg

↑御旅所から出る東御座(四角形/クシイナダヒメノミコトの御霊が乗っています)


a0111125_21465094.jpg

↑「ほいっとー、ほいっとー、まわせー、ええか!」


a0111125_21473193.jpg

↑榊をつけた人も多数


a0111125_2148742.jpg

↑四条通りの巡行路は交通規制

還幸祭
7月10日の神輿洗式、15日の宵宮祭を経て 御神霊をうつした神輿は、
17日夕刻八坂神社を出発し(神幸祭)、神輿渡御で御旅所に。
そして今日、三基の神輿:中御座、東御座、西御座(八角形/ヤハシラノミコガミ)の
御霊及び東若御座の神輿が氏子区域を巡行して八坂神社に帰っていきます。

御神霊を神輿より本殿に還したあと、28日の神輿洗式を待って、
神輿の行事は終了します。
祇園祭の神輿は延べ1000人以上の方々に支えられ年々盛んになっているそうです。

今年は特に外国プレスの方が多かったです。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-24 22:04 | ひとりごと
お母さんのためのピンクリボン講演会
今日、大宅保育園足立病院畑山院長による「女性ホルモンと健康」についての
講演がありました。
a0111125_21223322.jpg

「女性ホルモン」の働きの必要性と問題点、
「乳癌」「子宮癌」の早期発見の重要性などについてスライドを用いてわかりやすく
お話ししてくださいました。

今後、他の保育園や児童館などでも、講演・マンモグラフィバスの出張検診を
随時行っていく予定です。
定期的な乳癌検診で早期発見し、
安心して子どもと一緒に豊かな未来を築いていきましょう。

8月6日(木)大宅保育園/乳癌検診モデルを使用した自己検診講座
            「自分と家族を守るために」
            参加無料 7月30日〜電話予約開始 大宅保育園まで
8月25日(火)大宅保育園/マンモグラフィバスによる乳癌検診 ¥3,700
             詳細は大宅保育園まで
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-23 21:40 | イベント報告
ホヤの蕾 2
a0111125_1939479.jpg

a0111125_19401289.jpg

↑ふっくら
 固かった蕾が随分柔らかい丸みを帯びてきました。
 最近雨が続くので、雨の当たらないところに入れた方がいいかな?と思いながら
 毎日観察しています。
 別名サクラランというように淡いピンクの花が咲きます。
 蕾もほんのり桜色になりました。


a0111125_19403285.jpg

↑実は葉っぱも緑一色ではなく、白・ピンク→緑と変化することもあり、きれいです。
 
今年は観葉植物の当たり年。サンスベリアに続いて2つめの開花です。
以前、ソングオブジャマイカは咲いたことがあるけれど、他のも咲かないかなぁ…?
咲く種類かどうか知らないけど…。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-22 19:54 | ひとりごと
金魚
10数年生きて30cmくらいになっていた金魚たちが昨年不慮の事故で死んでしまったので、
金魚すくいで、大きいのをすくいました。
大きい蘭鋳(らんちゅう)4匹、出目金2匹、琉金(りゅうきん)1匹は
大体7〜8cmくらいあって、金魚らしいです。
今回は水泡眼(すいほうがん)や頂天眼(ちょうてんがん)はいませんでした。

魚の原形のような和金やコメットなどスマートな流線型とは違って
蘭鋳、出眼金、水泡眼、頂天眼は、観賞用に意図的に作られたので、
とてもおっとりしていて優雅です。


a0111125_2036019.jpg

↑ジュゴンみたいで愛くるしい くろちゃん。泳ぎがとても下手でふわふわ泳ぎます。


a0111125_2038585.jpg

↑金魚すくいにどうしてまぎれちゃったの?と思うほどきれいな姿形の黒らんちゅう。
 肉瘤の盛り上がった龍頭、お腹の丸み、歪みのない背なり。
 そして白目があって、くるくる動くかわいらしい表情。
 ずっと見ていても飽きません^^。


a0111125_20344780.jpg

↑琉金
 和金と同様気が強いので、くろちゃんをいじめないか心配…。同じ大きさだし。
 いじめたら即刻「隔離」するからね。


a0111125_21151174.jpg

↑赤出眼金


a0111125_2035248.jpg

↑目つきの悪い黒出眼金
 赤出眼金は普通の表情なのにこの子は半眼。なんてかわいい^^。
 手前の赤い2匹は肉瘤もなく、身体も扁平の普通にかわいい蘭鋳。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-20 21:16 | ひとりごと
御旅所/祇園祭
a0111125_21295450.jpg

a0111125_2131831.jpg

a0111125_21314122.jpg

a0111125_2132451.jpg

↑17日の山鉾巡行が先祓いとして行われた後、八坂神社の神霊の遷された3基の御神輿が
神幸祭(しんこうさい)で御旅所(おたびしょ)に置かれています。
*四条寺町にある御旅所はこの数日以外は、お土産センターに貸し出されています。
3基の御神輿は、中御座(素戔嗚尊/すさのおのみことの神霊が乗られている)、
東後座(櫛稲田姫命=素戔嗚尊の妻の神霊が乗られている)、
西御座(素戔嗚尊と櫛稲田姫命の子ども達の神霊が乗られている)と呼ばれます。
7月17日〜24日の間だけ神様に八坂神社から大衆の前に出てきてもらっているのです。


a0111125_2143248.jpg

↑御旅所横では囃子方による奉納囃子が18日〜23日の19~21時の間
 行われていて、道行く人に祇園祭の音色を届けています。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-19 21:50 | ひとりごと
山鉾巡行/祇園祭
a0111125_1733462.jpg

↑八つ橋販売の「おたべ」で7/14〜7/17限定のおたべ氷を食べながら巡行鑑賞。
 今年はそんなに暑くないので、いつもすぐに溶けてしまう氷もゆっくり味わえました。
 やっぱりかき氷は外で食べなくっちゃ。


a0111125_17362076.jpg

↑狭い狭い町屋が連なる新町通を山鉾が次々通り過ぎます。


a0111125_17384088.jpg

a0111125_17391276.jpg

↑菊水鉾


a0111125_17394767.jpg

a0111125_1740145.jpg

↑綾傘鉾


a0111125_1742493.jpg

a0111125_1741166.jpg

↑岩戸山
 日本神話「天の岩戸」「国生み」を表現した曳山。
 「天照大神」「手力男尊(たぢからおのみこと)」「伊弉諾尊(いざなぎのみこと)」の
 3神体が祀られています。
 日本色が強い山なのに、半分くらいが外人さんの曳き手・舁(か)き手。
 とても国際色豊かな山です。


a0111125_1745362.jpg

a0111125_17453221.jpg

↑船鉾


a0111125_17461786.jpg

a0111125_17465115.jpg

a0111125_1747924.jpg

↑放下鉾


a0111125_17474946.jpg

↑放下鉾到着
 組み立てるとすぐに埒(らち/柵)が取り付けられるので巡行して戻って来た時しか
 まるごと一緒に写せません。


a0111125_17554175.jpg

↑約2mの車輪


a0111125_17503642.jpg

↑海老ゲット
 鉾の縄がらみで使われた1基に20個しかついていない飾りです。
 (車輪写真後方に見えるもの)伊勢エビに似ているのでこう呼ばれています。
 とても縁起がいいと言われています。

祇園祭が終わると梅雨が明けると言われる京都。これから本格的な夏の到来です。 
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-17 18:09 | ひとりごと
宵山/祇園祭
例年に比べてとても涼しかった今年の宵山。
でも、四条通り、烏丸通りなど18時から歩行者天国になると、
楽々歩けた宵々々山、宵々山とは比べようもない人出の多さです。
a0111125_2328391.jpg

a0111125_23292544.jpg

↑わかりづらいですが、どの狆もかわいい浴衣を着ているんですよ^^。
a0111125_23311556.jpg

a0111125_23315899.jpg

↑日和神楽(ひよりかぐら)
 翌日の山鉾巡行の晴天を願い、各山鉾町の囃子方が屋台車に鉦(かね)と太鼓を
 取り付け四条寺町にある御旅所まで演奏しながら行きお払いを受けてお囃子を奉納し、
 戻ってきます。長刀鉾だけは八坂神社まで行ってお囃子を奉納します。
 
天気予報では、少し心配な明日のお天気。晴れるといいな。

埒(らち/柵)から出た雄大な姿の山鉾が、町屋がひしめき合う細い細い新町通りを、
すれすれに巡行する姿は圧巻です。
山鉾の巡行経路にある信号機は全て、邪魔にならないように折り畳まれます。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-16 23:53 | ひとりごと
ほんわか ふじちゃん教室
a0111125_22275740.jpg

a0111125_22281462.jpg

↑東福寺保育園・ふじちゃん教室

1週間前で見違えるほど0歳児の成長は早いです。
個人差がとても大きいので、○○までにこれだけは出来ないと、
という考え方をはずして、
個人個人が自分のペースでしっかり成長できるように見守り、サポートしています。

この教室のお母さん方(マタニティ教室から通ってきてくださっている方、
0歳児から参加の方)は、みんなゆったりしていて、物腰が柔らかく
ほんわかしています。
お母さん方と接していていると、私も優しい気持ちになって癒されます。
優しさっていいなぁ…と当たり前のことだけど、
しみじみ感じ入ってしまいます。

全ての子どもがこんな風に、温かい溢れるほどの愛情を全身に浴びて、
大きくなっていけたらいいのに。
少しずつそうなれるように関わっていきたいです。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-07-15 23:00 | イベント報告