ブログトップ
<   2009年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ももの木保育園30周年式典
28日(土)、京都国際ホテルでももの木保育園さんの設立30周年記念式典がありました。
昼間里親からスタートして現在の保育園になったそうです。
今のアットホームな感じはそこからきているのでしょうね。
窓の外の二条城は、今年一番多くの観光客で大賑わいでした。
a0111125_20512737.jpg

a0111125_20515422.jpg

a0111125_20521550.jpg



式典が終わって、東福寺保育園さんへ。
二条城の込み具合から予想はしていたけれど、想像以上の人・人・人…
なかなか前に進めません。ものすごく時間がかかってしましました…。
でも、紅葉はピーク。とても美しかったです ^^。
a0111125_20542550.jpg

a0111125_20544530.jpg

a0111125_2055262.jpg

[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-30 21:02 | ひとりごと
新風館とクリスマスカラー
今、新風館は、木々やテラス、手すりなど全てがクリスマス色です。
夜になると一面ライトアップされて本当に綺麗です。
この時期はどこへ行っても、クリスマスに因んだイベントや飾り付けが行われていて
華やいだ気持ちにさせてくれますね。

a0111125_1957490.jpg

a0111125_2045375.jpg

a0111125_20191560.jpg

a0111125_20193755.jpg

a0111125_20223689.jpg

↑琴「リースは、終わりのない“円”で永遠の命を表してまちゅ」
a0111125_20255848.jpg

↑琴「クリスマスより、食い気がいちばんでちゅ」

因みに、クリスマスカラーの赤・緑・白・金の意味は…
 赤は神の愛とキリストの贖罪の血。
 緑は常緑樹のクリスマスツリー=樅の木と柊です。
  一年中緑を絶やさないことから永遠の命・神の永遠の愛・春の訪れを象徴。
  また、樅の木は「希望」を象徴し、小さな葉が十字の形に見えるところから、
  キリストの十字架に結びつけられたりもしています。
 白は純潔。聖なる意味であり、北の大地の雪。
 金は高貴・希望の象徴。キリスト生誕時に東の空に輝いていた
  ベツレヘムの星の輝き・高貴さ・大切さを表しています。
a0111125_20525377.jpg

↑柊=葉の棘はキリストの受難、赤い実はキリストの血を表しています。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-27 21:08 | ひとりごと
居場所
少し前、美奈ママさんの家にお泊まり(緊急避難)しました。
こういう時、ご近所に知り合いがいるというのは助かります。
紅葉のこの時期、京都のホテルは満員で泊まれません。
駄目なら大阪?とか、いろいろ考えてました^^;。
a0111125_190046.jpg

↑ちゃっかり未使用の美奈ちゃん&いろはちゃんハウスに一番乗りして満足げな琴
a0111125_19105114.jpg

↑どうしても膝から降りない美奈ちゃんと
カメラが向いているときだけ大人しいいろはちゃん

琴はとても新しい物好きで、気が強くて、でも繊細。
3歳でうちに来たときも、最初は隅っこで小さく丸まっていました。
今では私より仲良しのRの前でも、半年以上熟睡ができないほどでした。
(私の前では、すぐに「地」を出しましたが…^^;)

動物も子どもも、大人だって、自分の居場所を見つけるというのは難しいものです。
安心できる場所、絶対的な避難場所が、心の拠り所としてあるかないかで、
生き方は大きく変わってきます。
何かあった時に、ここだけは許してくれる・受け入れてくれる場所があれば
真っ直ぐに前を向いて不安なく進んでいけます。
失敗しても素直に心を打ち明けて、その人と一緒に考えて違うやり方を探せます。
絶対的な避難場所は、本当に居心地のいいものです。
ふわふわしてて暖かくて、何も話さなくても癒されていく感じ。
ずっと黙ったままで、静かに流れていく時間の中に身をおいて安らげます ^^。

お子さんに、そういう居場所を作ってあげてください。
もちろん、その為には保護者の方(大人)にもそういう場所が必要です。
パートナーやお友達、両親…
ありのままの自分を受け入れてくれる人を見つけ、その関係を大切にしてください。
殺伐とした事件が多く、心は見えにくいものですが、
目を凝らしてみると、誰の側にもそういう人っていますよ ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-26 20:04 | ひとりごと
ふじちゃん教室でオーラソーマ
a0111125_1541276.jpg

↑真っ赤までもうちょっと…の通天橋を抜けて、東福寺保育園さんへ。
紅葉狩りの観光客でいっぱいで、平日なのに人混みをかき分けないと前へ
進めない感じでした。

a0111125_15443044.jpg

a0111125_1544466.jpg

a0111125_1545864.jpg

a0111125_1545302.jpg

↑今日はオーラソーマを学びました。
大体の人は子どもの頃と色の好みは変わり、日々選ぶボトルも変わるらしいです。
私は、いつも「ぼやけている」と人に言われる淡い色を選んでしまうのですが、
実は淡い色の方が色の持っている意味合いは強いのだとか。初めて知りました。
好きな色は白と紫。他の色も好きですが、これは変わりません。
選ぶボトルもシェイクすると上下合わせて紫になるものが多いようです。
オーラの色と似ていることが多いそうです ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-25 16:07 | イベント報告
保育園児のためのインフルエンザ予防冊子
a0111125_19364231.jpg

京都市児童館学童連盟さん発行の、学童が自分自身で取り組める
STOPインフルエンザが大変好評でしたので
京都市日本保育協会さんの依頼で、
京都市の保育課さんの監修をいただいて、
保育園児のためのインフルエンザ予防冊子を作りました。
まだ幼いので、保護者の方、保育士さんなどの注意点も盛り込んでいます。
今回もきっと分かりやすく、使いやすいと思います ^^。
寒さはまだこれからが本番。
新型も通常のインフルエンザも風邪も、基本は同じです。
毎日の習慣づけで、元気に過ごしましょう。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-25 15:39 | 冊子
復活“ニューウエーブ”開花
a0111125_20575582.jpg

↑さりげなく隅っこに、写りこんでいた琴^^。
後ろに見えるユッカは、大きくなりすぎてもう天井につっかえて曲がってきています。
今年初めて花をつけました^^。
250円で買ってきたときは15センチくらいだったのに。大きくなるのって早いですね。
a0111125_2112618.jpg

a0111125_2113511.jpg

復活琴音薔薇に続き、復活ニューウエーブが咲きました。
同じ時期に蕾をつけても、花びらの数が多いだけ咲くのに時間がかかります。
でも、やっぱり綺麗、匂いも大好き。ず〜っと見てても飽きません。
広いお庭があれば、一面お花畑にしちゃうのに・・・。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-24 21:13 | ひとりごと
サマーブリーズ
a0111125_20473330.jpg

23日勤労感謝の日に大丸さんの四条入口前でトランペットグループ
サマーブリーズが演奏をしていました。
6名の内、4名は京都市交響楽団などに在籍されているそうです。かっこいいなぁ…。
音楽に限らず、スポーツでも他の芸術でも一芸に秀でてる人、心から尊敬します。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-24 20:56 | ひとりごと
1/4の奇跡 11/29(日)長岡京市上映会
a0111125_17482639.jpg

難病のMS(多発性硬化症)で他界した笹田雪絵ちゃんの遺した詞やメッセージが
描かれた映画1/4の奇跡←お申し込み方法。
2007年の初上映以来、口コミで自主映画上映の我が広がり4万人以上の人達に
鑑賞されてきました。アメリカに続き、カナダ、イギリスでも
上映予定だそうです。
あらい舞さんのライブもあります。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-24 18:06 | その他イベント告知
中山忍さんのミニ展覧会&モザイク画ワークショップ
21日、大阪阿倍野近鉄百貨店 2F クリスマスイベントコーナーで
11月20日(金)〜11月25日(水)まで開催されている
中山忍さんのミニ展覧会&モザイク画ワークショップに行って来ました。
温かい気持ちにさせてくれる作品がいっぱいです。
a0111125_19373217.jpg

a0111125_19401996.jpg

a0111125_19484438.jpg

↑中山さんとは、10年ぶりくらいの再会になるそうです。
 それなのに、昨日の続きのように、自然にお話しさせていただきました。
 今度、カバヤさんの工場見学に連れて行ってくださるそうです。楽しみ^^。
 
 タイル画をふたつ購入しました。
 自分用と、中山さんが持っているものはプレゼント用。

モザイク画ワークショップ 参加費1回¥450
a0111125_19421316.jpg

↑色とりどりのツリーを作っていく ひーちゃん
a0111125_19443917.jpg

↑あやかちゃん6歳。
 左手に持っている作品は「うさぎさんと月とロケット」
a0111125_1944629.jpg

↑1. あまりに独創的で、簡潔で、美しくて、心が震えました。
  「何を作ったの?」って聞いてみたら・・・
a0111125_19435372.jpg

↑2. 姉弟それぞれタイトルを教えてくれました
  まーくん(5歳)「まんげつのしたにおちてくるゆき」
  もえかちゃん(7歳)「つりいのよこに つもった て★と あし」
  (ツリーの横の雪の下に手と足が埋まっているそうです)
  ぱっと見て惹きつけられるだけでなく、叙情詩の様なタイトルを耳にして、
  更に想像が幾重にも膨らみあがりました。
  本当に今日来てよかったと思いました。
  中山さんは「将来は映画監督かしら?」と語りかけていました。

2歳児(少なくとも7歳頃)までに感受性、直感を磨く育ちができていると、
大人になってもブレることなく、物事において豊かな選択ができると言います。
感受性や直感は「自然」の中からしか育まれません。
車や人混みの騒音しかない場所では育たないのです。
ですから、できるだけ幼い頃は山や川へ連れて行ってあげてください。
文字数は大きくなってからでも覚えられますが、
感受性を育むことは大人になってからでは、遅いのです。

「水」と聞いた時に、一瞬の間にどれだけの種類の水を思い浮かべることができますか?
100くらい思い浮べられるといいですね。
水の匂い、形、色、温度、触感・・・。
「水」という言葉から、ありとあらゆる五感に水が語りかけてきます。
こういったことが、大人になってからの選択肢の拡大にもつながります。

今回、こちらでお会いしたお母さん方はみなさん、「見守る」子育てをされていました。
子どもより先走って教えるのではなく、お子さんの中から出てくる感情が形となるのを
じっと待っていらっしゃいました。素晴らしいなぁと思いながら見ていました。
自分と同じ人間はいません。
お子さんが考える前に伝えてしまうと、刷り込みになってしまいます。
個性を上手く引き出し、伸ばしてあげてください^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-22 21:31 | お知らせ
イタリアンフラッグショー
21日、京都駅地下街ポルタでイタリアの伝統芸能の
イタリアン・フラッグショーというものを行っていました。
大きな旗を天高く放り上げ宙で交差させたり、
一人で何本もの旗を操ったりと華麗なパフォーマンスでした。

京都市の姉妹都市イタリアのフィレンツェから来日したウッフィーツィ旗手団↓
a0111125_19135361.jpg

a0111125_19144396.jpg

a0111125_19145934.jpg

a0111125_19151767.jpg

a0111125_19152929.jpg

↑ポルタの屋根が開くことを初めて知りました。
空を見ていると心が開いていく気がします。
[PR]
by codomo_bunka | 2009-11-22 19:33 | ひとりごと