ブログトップ
<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「絆」という漢字は、「糸」と「半」からできています。
半分の糸という意味?
相手と半分半分の糸を持ち寄って、合わせて一つになりましょう…
…ということ?

現代は、絆のない時代と言われています。
本当に、みんなバラバラで孤立している気がします。
違う人間が結びつき合うのだから、反発も起こるし、
傷つけ合うことも多いけど、愛情も生まれます。

絆を結ぶためには言葉が必要です。
でも、一方的に多くを語りすぎると結ぶ前に糸がちぎれてしまいます。
力加減も大切です。
…これが、むつかしいんですけどね。
丁寧に、時間をかけて行った人が、強く、美しい絆の糸を
たくさん結べるのだと思います。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-27 01:11 | ひとりごと
姫桜ちゃん
a0111125_016790.jpg

↑姫桜「はじめまちて、姫ちゃんでちゅ」
a0111125_0171084.jpg

↑姫桜「きょうから、ここでママの子になるんでちゅね
    しらないことばかりなの。よろちくおねがいいたちます」
a0111125_0252046.jpg

a0111125_0214941.jpg

↑姫桜「あなただれ?」
 満丸「おむこさんになる、まるちゃんだよ」
a0111125_0244116.jpg

↑全く出番のなかった琴

まるちゃんと姫ちゃん、仲よくなって
かわいい赤ちゃんが生まれるといいなぁ ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-27 00:30 | ひとりごと
女性メタボ
2005年に男性腹囲85cm以上、女性は90cm以上とされていたメタボ基準。
女性の基準を80cmに狭めることで
脳卒中や心筋梗塞の起こるリスクが大幅に減るそうです。
年と共に体型が変化していくのは仕方のないことですが、
健康のためにも、また女性は見た目的にも、そうなってしまう前に
いつもオススメしている(^^)骨盤体操やマッサージ、ウオーキングなど
出来ることを無理なく日常の生活に取り入れながら、
くびれのある美しい体型を維持していきたいですね。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-12 21:15 | ひとりごと
桜の枝
a0111125_21232140.jpg

↑桜好きなので、冬でも桜の木を見るとついつい側に寄ってしまいます。
立て看板には「区民の誇りの木ソメイヨシノ」と書かれています。


a0111125_21233662.jpg

↑もっと近くに寄ってみると…枝が膨らんできています。
京都も雪が降ったり、急に10数度も気温が上昇したり、
また明日には5度以上、下がるらしいですが、
急激な温度変化に植物は翻弄されながらも、
ちゃんと春に備えて準備をしているんですね。

自然の力ってすごいなぁ…としみじみ思います。
がんばってね ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-10 21:34 | ひとりごと
まるちゃんファッション
今日のまるちゃんは、ピンクのボーダーシャツに
ボーダーのリードとチェックのリボンでかわいくトータルコーディネイト。
「ちっともじっとしてないの」とママさんはおっしゃるけれど、
随分落ち着いてきた気がします。
甘えん坊なところは変わらないけど・・・ ^^。
現在3.7キロです。
a0111125_2182399.jpg

a0111125_2184184.jpg

a0111125_21901.jpg

a0111125_2191828.jpg

[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-10 21:16 | ひとりごと
雪景色
a0111125_1843741.jpg

6日土曜日明け方、雪が降りました。
普段目にしないので、雪を見るとわくわくします。
お天気っておもしろいですよね。
雨の日も風の日も、曇りも、晴れも、どの日も好きです ^^。
雨の日にしか聞けない雨音や匂い、曇りの日の空気感とか、
それぞれが様々な楽しみを与えてくれます。

ベランダのお花も建物も、アスファルトも…お天気によって表情を変えます。
どうして、こんなにいろんなお天気があって、季節があって、
一日を終えて朝が来るんでしょう?
変化を見ていると、自然は、時間は巡りながら、
見えない手でしっかり支えてくれていて、
不思議な力で非力な自分を前へ押し出してくれているような気がします。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-08 19:10 | ひとりごと
言葉でつながる
a0111125_2171350.jpg

↑熱心?にお話に耳を傾ける琴?

人には、それぞれ話し方、言葉使いに癖があって、
それが性格を想像させる大きな割合を占めています。

私は、人のお話を聴くのが好きです。
それは自分と違う考え方を、意見を学べるからです。
正確に言えばには、学ぶというかたくるしいことでなく、
「ふ〜ん、そんな考え方があるんだ」という感じで受け止めているだけですが。
世界が広がります。
それに一所懸命話している人ってかわいい気がして。

人はどうしたら心がすれ違わなくなるのかな。
相手のことを思っているのにうまく伝わらないって、悲しいですよね。
感情に流されずに、ちょっと呼吸を整えて、
ゆっくり丁寧に言葉を選んで素直な思いを口にしてみては?
最初は、普段口にしない言葉って言いづらいし、出てこないかもしれないけれど、
そうすることで少しずつ、でも確実に変わってきます ^^。

せっかく一緒にいるんだから、楽しく、優しい時間を過ごしたいですもんね。

挨拶はその第一歩。
他人とつながる最初の大切なふれあいの場面です。
今はそこで人間関係駄目になってしまう人も多いようで、
何だかもったいない気がします。
挨拶できない人に怒ったりするのって、
相手に対して、いい期待をしている優しい人なんです。
だから、ショックなんですよきっと。

○○ママさん読んでます?
優しい自分を労ってゆっくり休んでください ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-06 22:20 | ひとりごと
ちっちゃなあんよ
a0111125_19421539.jpg

は兎足で手足の指の間の優雅な筆毛が特徴なのですが…

a0111125_1946953.jpg

a0111125_19462490.jpg

a0111125_19464018.jpg

↑琴の実家で爪切りをしてもらった際、筆毛もバッサリ…
こんなかわいい纏足あんよになりました ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-05 19:50 | ひとりごと
ふじちゃん教室 卒業
東福寺保育園2009年組0歳児ふじちゃん教室みなさんとは、今日でお別れです。
マタニティのさくらちゃん教室から来てくださっている方たちも多く、
また、たくさんの方々との出会いを通して、
私の方がいろいろと学ばせていただいたさせていただいた気がします。
妊娠から出産、そして赤ちゃんと一緒に徐々に、
慈しみのあるお母さんとして育って行かれる姿を見るのが好きでした。

いつも優しく迎えてくださったお母さん方、
本当にありがとうございました。
お別れが寂しいと言ってくださったお母さん方にも
感謝の気持ちでいっぱいです。
人とつながること、温かい気持ちでつながっていられることって
とても幸せなことですね。
これからも、すぐ側にいる人を温かい眼差しで見続けてあげてください。
毎日の小さな積み重ねが、大きな愛になって返ってくると思います。

また、お会いできる日を楽しみにしています。

a0111125_20434.jpg

a0111125_2025311.jpg

↑アロマオイルでマッサージ
a0111125_2033374.jpg

a0111125_2052323.jpg

↑赤ちゃんも一緒にマッサージ
a0111125_2045575.jpg

↑仙腸関節のサビをとります
骨盤は五感をつかさどるとも言われる大切な部分。
骨盤を形成する関節が硬くなり可動域が狭くなると、
身体が動きづらくなるだけでなく、
精神的ダメージを大きく受けるとも言われています。

a0111125_2054856.jpg

a0111125_2061412.jpg

↑節分?なので女の子に変身「らい子ちゃん」…
a0111125_2063464.jpg

↑マタニティーのさくらちゃん教室から0歳児ふじちゃんデビューのお二人
a0111125_202021.jpg



<保育園児は・・・>
今日は節分。
霊的な力が宿る豆をまいて、魔の目(魔目/まめ)を滅(魔滅/まめ)しました。
a0111125_20503879.jpg

a0111125_2051771.jpg

a0111125_205130100.jpg

a0111125_20515826.jpg

↑福豆ごはんと鬼の嫌がる鰯のフライが今日の給食でした ^^。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-03 20:48 | イベント報告
子宮頸がん
a0111125_2049149.jpg

昨年、畑山先生ピンクリボン講演会の女性の身体についてのお話の中で
子宮頸がんはウイルスで感染することを知りました。
子宮頸部は妊娠時に3〜4キロになる子宮内部を支える大切な部分です。
アメリカでは約80%が検診を受けますが、日本ではまだ20%程度。
今までは40代以上の罹患率が高かったのですが、20代から罹る方が急増しています。
そして性交渉によりHPVウイルスに感染し、
国内で年間約3,500人の女性が亡くなっています。
これは女性の癌としては乳癌についで2番目の多さです。
けれど、子宮頸がんは唯一ワクチンで予防できる癌です。
ワクチンの有効性は10〜20年です。

性交渉の低年齢化に合わせ、多くの国では12歳を中心に9〜14歳で接種が開始され、
学校や医療機関で接種が行われています。
12歳の女児全員が接種すれば、頸がんにかかる人を73.1%減らせ、
亡くなる方も73.2%減ると推計されています。

日本では小児科や産婦人科などでの接種が想定されていて、
現在、日本産科婦人科学会や日本小児科学会などが合同で11〜14歳の女児を
接種対象として推奨することを検討しています。
*ちなみに、畑山先生のところでは10歳以上の女性を対象に接種をしています。

こうしてワクチンで予防できるようになったのは朗報ですが、
性交渉の低年齢化・自由化による急増ということを考えると
子ども達にきちんとした教育も合わせて行うことが大切だと思います。
[PR]
by codomo_bunka | 2010-02-02 21:36 | ひとりごと