ブログトップ
哲学する赤ちゃん
a0111125_1725413.jpg

↑帯には「ある意味、大人より賢く、想像力に富み、思いやりがあり、
意識も鮮明である。最新科学の知見から、赤ちゃんの驚くべき能力が
次々に明らかにされつつある。赤ちゃんを“再発見”することは、
とりも直さず人間の可能性を広げることになる…」とあります

深遠な世界へ誘う…というより、安心する、納得のいく世界でした
池川明先生のお話を聴いた時と同じ、謎の解けたような
ああ、これでいいんだ…という、幾分か残っている不安がうち消され、
記憶のままに、自分を肯定された気持ちになる本です

本文には
「赤ちゃんの持っている善を行い悪を避けようとする道徳的反応
その奥にあるものは、赤ちゃんと養育者の間で交わされる
“深い共感、親しみ、無私の思いやり”です
愛そのものも知識と想像力に依存しています
まわりの人に頼りきった無力な赤ちゃんにとって、
愛の理論ほど大切なものはありません…」とあります

養育者は、一生に関わる大切な愛の基本的な理論を伝える
重要な役目を持った伝道師ですね
多くのものを与え、無限に受け取りあえる素晴らしい関係に
気づいていけたら、毎日がもっと輝いて見えると思います ^^
[PR]
by codomo_bunka | 2010-10-29 17:59 | ひとりごと