ブログトップ
シュトーレン
a0111125_18144671.jpg

イノダのシュトーレン(手前)セット
クリスマス気分が味わえます
ずいぶん寒くなってきましたね
初雪もそろそろかなぁ… ^^

シュトーレンは、クリスマス期に焼かれていたドイツのお菓子です
断面が山型で、上に積雪、中のフルーツが
山に穿たれたトンネルに見えることから「柱」「薪」
火にして燃やし再生を象徴する説や
白い粉砂糖に包まれていることからキリスト誕生の
「むつき(おくるみ)に包まれた子ども」説があります

そしてキリスト生誕を祝福に来た人に
聖母マリアが焼いたお菓子ともいわれています
[PR]
by codomo_bunka | 2010-12-15 18:20 | ひとりごと