ブログトップ
お正月/おばあちゃん
ずいぶんお正月から時間がたってしまいましたが…
a0111125_22973.jpg

↑久しぶりに祖母と会えてとてもうれしかったです^^

今年94歳を迎える祖母は、会うたび視野が狭くなり、
今回帰ったときにはもうほとんど見えなくなっていました
耳も遠くなり寝ている時間が増えました
それでも、汚れ物は自分で洗い、できることは自分でします
少し前にMRIで検査をした時に40歳前半の脳だと言われました
すばらしい記憶力と、状況判断力、一瞬にして話を理解し、
私が「えっと…」と言いあぐねていることをまとめ、整理してくれます
けれど、肉体は衰え、舌が動きにくくなりゆっくりとしか話せなくなりました

祖母は、「まだお迎えが来ないの…」とよく言うようになりました
脳と肉体の衰えに大きな開きがあり、自分を冷静に判断できるため辛いのです
祖父が亡くなったとき私は20歳で、祖父に日々近づいてくる死を
恐れ、抗い、時間との戦いに疲れ、悲しみの感情で押しつぶされてしまいました
そして今は、祖母からとても大切なことを教わっています
「人生を、現実を生ききる」ということの難しさ、大切さ、
死に対する向き合い方です
祖母は「おばあちゃんが死んでも泣かないでね。
こっち(の世界)ではM達、あっちでは、おじいちゃんやお母さん、お父さん、
お兄ちゃん達、シロやみんなに会えるの。楽しみなの。どっち(の世界)もいいの
一所懸命生きたからあっちでも喜んでもらえるの
だから、おばあちゃんが死んだら笑ってね。おめでとうなのよ」と言います

いつ、どこで、どのようにして生命が終わるのか、その形は選べませんが
心(感情)は自分で選び、持っていくことができます
祖母のように強く、全てに感謝できる心をもてたら、きっと幸せだと思います

a0111125_2293011.jpg

↑ちょっと会わないうちに大きくなってた甥の直樹
毎日が楽しくて仕方がない13歳
[PR]
by codomo_bunka | 2011-01-28 23:00 | ひとりごと