ブログトップ
パエトーン
山岸涼子さんがチェルノブイリ原発事故に触発されて書かれた パエトーン
(1988年5月)が無料で特別公開されているそうです。

スイッチひとつで簡単に電気がつく、便利な生活が
本当に豊かなことなのかどうか、考える時期にきています。

本物の豊か=恵まれた物であれば、みんな側に置きたがりますよね。
自分から遠く離れたところで、他人の痛みや犠牲の上に成り立つ物は
間違っていると思います。
[PR]
by codomo_bunka | 2011-03-30 19:09 | ひとりごと